家庭での年間エネルギー消費量を正味で概ねゼロ以下の住宅のことです。
“正味で”というのは高断熱外皮、高性能設備と制御機構等、再生エネルギーを組み合わせてという意味で【創エネルギー】-【一次エネルギー消費量】>【ゼロ】になるということです。
つまり、使うエネルギーが作るエネルギーよりも少ない住宅ということになります。

政府は2014年4月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、『住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(「ZEH(ゼッチ):Net Zero Energy Houseの略」)の実現を目指す』とする政策目標を掲げました。

これを受け、アースシグナル株式会社は、ZEHの2020年度までの各年度の普及目標を設定しましたので、下記の通り公表致します。また合わせて、『平成28年度 住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業補助金(ネット・ゼロエネルギー・ハウス支援事業)』の交付要件である『ZEHビルダー』登録申請を行い、ZEHの普及に取り組んでまいります。