屋外の広いスペースを活用した野立て施工


屋外の広いスペースを活用した野立て施工のイメージ
※クリックで拡大できます。

建築物の屋上スペースではなく直接、土地に発電システムを設置し、発電した全ての電気を売電する施工方法です。

対象地80㎡~1000㎡ / 空地 / 遊休地 / 駐車場 / 休耕地 / 再建築不可な土地など

施工方法 架台・・・単管架台、アルミ架台
基礎工法・・RC工法、スクリュー工法
施工期間 約3~4ヶ月 ※契約締結後から
施工費 約300(10kw) ~1,500万円 (50kw)(低圧連系時)
※東電メーター代、引込み工事負担金、農地転用費用など、別途費用がかかります。
必要手続き 農地転用申請 など

施工事例はコチラをご覧下さい。物件ごとに施工方法や施工費をご紹介しております。
立地条件や地域の規制によって、方法・期間・費用・申請手続きが異なりますのでまずはお気軽にお問い合わせ下さい。

屋上の広いスペースを活用した屋上施工


屋上の広いスペースを活用した屋上施工のイメージ
※クリックで拡大できます。

建築物の屋上スペースに発電システムを設置し、発電した全ての電気を売電する施工方法です。

対象地80㎡ ~ 1000㎡ / 学校 / 車庫 / 倉庫 / 工場 / アパート、マンション公共施設など

施工方法 架台・・ベタ架台、傾斜架台
基礎工法・・RC工法、アンカー工法
施工期間 約3~4ヶ月 ※契約締結後から
施工費 約280(10kw)~1,500万円(50kw)(低圧連系時)
※東電メーター代、引込み工事負担金など、別途費用がかかります。

施工事例はコチラをご覧下さい。物件ごとに施工方法や施工費をご紹介しております。
立地条件や地域の規制によって、方法・期間・費用・申請手続きが異なりますのでまずはお気軽にお問い合わせ下さい。

農地の上部スペースを活用した太陽光シェアリング


農地の上部スペースを活用した太陽光シェアリングのイメージ
※クリックで拡大できます。

太陽光シェアリングは、営農を続けながら地上から3mの位置に太陽光パネルを並べて発電を行うことです。2013年4月1日に農水省から「営農を継続しながらの太陽光発電設備を設置する取扱いについて」のガイドラインが公表され、営農を継続しながら太陽光発電を行う方法を取り入れる、検討される方が増えてきました。

対象地農地

施工方法 単管架台(地上から3m)
施工期間 立地条件によります。
施工費 約350万円(10km) ~
※東電メーター代、引込工事負担金、農地転用申請費用など別途費用がかかります。
必要手続き 農地転用申請 など

作物にとって一定の量以上の太陽光は光合成に利用されず、強い光は作物にとってかえってストレスとなります。また、遮光率は30%程度で作物の生育に支障がない様に考えられています。このソーラーシェアリングは日本の農業が抱えている農家の後継ぎ不足、農業従事者の高齢化、耕作放棄地などの諸問題を解決する可能性を持っています。

立地条件や地域の規制によって、方法・期間・費用・申請手続きが異なりますのでまずはお気軽にお問い合わせ下さい。

お電話の方 049-299-7295 FAXの方 049-299-7296
※営業時間9:00~21:00(定休日:日曜日)
お問い合わせフォームはコチラをクリック下さい。