太陽電池を利用して太陽の光を源力に電力に変える発電方法のことです。
別名、ソーラー電池ともいい、身近な物でいうとソーラー電池を利用して明るいところで充電され、電池交換が不要の手間いらずな電卓や腕時計や、光に当てると葉っぱが動くおもちゃ等があります。
この電池の1つ1つをセルと呼び、電池を組み合わせ1枚の大きな板状にしたものをモジュールと呼びます。モジュールを並べて設置すると皆様が街で屋根の上で見かける太陽光パネルの姿になります。


一般的な太陽光発電システムの仕組み
※クリックで拡大できます。

太陽光発電システムで作った電気は、
電力会社へ売ることができます。

各お住まいは、電柱からご自宅に繋がっている線を通って電気を送ってもらっています。
設置後は、その線を通して電気を売ることができるのです。

設置する容量で売り方が変わります。

A:余剰買取プラン

お出掛けや日中不在の時間に発電されて、使った残りの分を売ることが出来ます。家計に優しく選ばれているお客様が多いプランです。

10KW未満って何枚くらい屋根に乗るの?いくらかかるの?
うちの屋根って施工できるかな?
気になる施工例や設置価格は施工事例をご覧下さい。

太陽光 10kw未満
余剰買取 ダブル発電・余剰買取
出力制御対応機器
設置義務なし
出力制御対応機器
設置義務あり※
出力制御対応機器
設置義務なし
出力制御対応機器
設置義務あり※
調達価格 33円 35円 27円 29円
調達期間 10年間 10年間

B : 全量買取プラン

ご自宅以外で車庫や事務所、空き地、所有のアパート・マンション等で空きスペースを利用して、多数の太陽光パネルを設置することが可能なお客様にオススメです。

うちの畑で太陽光発電ってできるの?
もっと資産運用したい。再建築できない土地の固定資産税分の収支を得たい。
相続、贈与等で得た土地に太陽光を設置したい。など

太陽光 10kw以上
平成27年4/1〜6/30
(利潤配慮期間)
平成27年7/1〜
調達価格 29円+税 27円+税
調達期間 20年間 20年間

10KW以上の産業用太陽光発電システムの施工方法の詳細は下記項目よりご覧下さい。
  • 野立て施工
  • 太陽光シェアリング
  • 屋上施工

国・県・市町村から補助金を受けられる制度があります。

国・県・市町村から補助金の交付を受けられる場合と、予算等の関係で制度自体が廃止になっていたり、交付条件(設置するkWh数や期間)が合わず、受けられない場合があります。お住まいの地域が補助金対象かどうか知りたい方は、遠慮なくお問い合わせ下さい。

税制優遇を受けられる場合があります。

10kWh以上の太陽光(産業用太陽光発電システム)を設置し一定の条件を満たす場合、グリーン投資減税と呼ばれる税制優遇を受けられます。3つの税制優遇措置から選択する制度です。

1 普通償却に加えて取得価額の30%相当額の特別償却
2 即時償却(100%償却、全額償却)
3 中小企業者等に限り、取得価額の7%相当額の総額控除

詳細は経済産業省資源エネルギー庁のホームページをご覧下さい。

お電話の方 049-299-7295 FAXの方 049-299-7296
※営業時間9:00~21:00(定休日:日曜日)
お問い合わせフォームはコチラをクリック下さい。

太陽光発電の余剰電力買取制度で買取される電気のお金は、法律にもとづき平成21年11月1日より、太陽光発電システムを設置する設置しないに関係なく「太陽光発電促進付加金(太陽光サーチャージ)」として電気をお使いになる全ての電気需要者にご負担いただいております。