今年に入ってから、電力自由化についてCMや電力自由化に関するニュースなどを見聞きされた方も多いと思います。
しかし、電力自由化って一体どういうことなの?と思う方も多いのではないでしょうか。
ここでは、電力自由化とは何か、太陽光発電にどのような影響があるのかについてご説明します。

最近よく聞く電力自由化とは?

今までは、管轄地域の電力会社から電気を購入し使用していたかと思いますが、2016年4月1日から自分で電気を購入する会社を選べるようになりました。
電力自由化のはじまりは、1993年、エネルギーに関する規制緩和の提言が出され、1995年に電気事業制度が改正されました。
その結果、発電のみを行ないこれまでの電力会社に電気を小売する独立系発電事業者が可能になりました。

2000年3月に、「特別高圧」の大規模な工場や大型デパート、オフィスビル、2004年・2005年の4月には「高圧」となる中小規模工場や中小ビル、そして2016年4月に「低圧」である一般家庭でも電力会社が選べるようになりました。

経済産業省 資源エネルギー庁   電力自由化の歴史http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/electric/electricity_liberalization/what/

現在国内にある電力会社は実に数百社にのぼり、それぞれの電力会社に値段やサービスの違いがあります。
サービスの内容としては、電力会社が通信会社であれば携帯やインターネットの料金が割引、スーパーマーケットであれば割引やポイント、商品のプレゼントなどがあります。

ご家庭のライフスタイルにあった電力会社をご検討することをおすすめします。

電力自由化による太陽光発電への影響

電力自由化にともない、太陽光発電の売電価格が変わってしまい損してしまうのではないか、と心配される方もいらっしゃると思いますが、固定買取価格以下になることはありませんのでご安心ください。

売電価格について、年々減少傾向にあります。しかし、電気代に含まれている再生エネルギー賦課金は、昨年にくらべて1〜2円高くなっています。来年以降も同じように高くなる可能性が現時点では高いようです。そうなってくると、売電するというよりは、太陽光発電で得た電力をご家庭で使う方がお得になる可能性もあります。

売電目的ではなく、自家消費としてご家庭で使うことだけ考えると、設置するワット数、電気を多く使用する時間帯に太陽光発電での電力が得られるように設置する向きを考える(蓄電池がない場合)、など変わっていきます。

私たちの暮らしに、電気は欠かせないものです。太陽光発電で得た電力を利用し、買う電気を少なくし節約する、そうすることで地球環境にやさしい暮らしにつながります。

アースシグナルでは、自家消費を目的とした太陽光発電はもちろんのこと、住宅だけでなく、産業用、ソーラーシェアリングなどの大規模な太陽光発電の導入にも実績があります。
是非、お気軽にご相談ください。