前回の投稿「免震と耐震の違いについて」で、耐震と免震の違いについてご説明しました。

それぞれ、メリットとデメリットがあり、導入の費用にも違いがありましたが、今回は制震について詳しくご説明します。

制震とは

制震と表記されることが多いですが、風圧にも効果をもたらすことから制振と表記されることもあります。
※この回では便宜上制震と表記いたします。

耐震は、家を頑丈にすることで地震に耐えます。
免震は、家の基礎と土台の間に免震機器を設置することで、地震の揺れを家に伝わらないようにしますが、制震は地震の揺れを吸収し、家の損傷や家具などの転倒を軽減します。

制震は、外壁・内壁の間や筋交いなどにオイルダンバーや粘弾性ダンバーなどの「制振ダンバー」を取り付けることで、地震で起こる揺れを吸収して、建物へのダメージを軽減することができます。

また、建物のねじれや変形に対しても有効です。
ビルなどの高い建物に設置されることが多かった技術ですが、震災の影響もありここ数年で一般住宅にも取り入れられるようになりました。

制震のメリット・デメリット

制震は地震だけでなく繰り返し起こる余震、台風や強風などで起こる揺れも吸収します。2階、3階と高層階などの揺れはかなり軽減されます。

制震の導入には、地盤や地下室の有無などの制約はありませんし、新築だけでなく改修工事や改修リフォームなどでも導入することができます。

デメリットとしては、大地震が発生したときに家具が転倒する恐れがあります。家具の転倒を防止するため動かないように固定するなどして対策をとることで制震の技術を発揮できます。

制震にかかる費用

耐震工事は数十万から数百万からご検討いただけます。
お見積りの前に、アースシグナルの無料の耐震診断をご検討ください。

デメリットをカバーするために組み合わせる

耐震、制震、免震はそれぞれ、メリットとデメリットがあります。
それぞれを組み合わせることで、さらに地震に強い家にすることができます。

多く見られる組み合わせが耐震と制震です。
日本の建物は建築基準法により、耐震性は比較的確保されている事が多いですが、地震が頻発しているためか、制震を取りいれる方や制震を売りにしている住宅メーカーもあり、この組み合わせは、主流になりつつあります。

免震は大規模な工事になり多くの費用がかかりますが、制震は其れと比べると比較的導入しやすい費用で行うことができます。新築だけでなく改修リフォームの際に、導入することも可能のですのでご検討ください。

これから家を建てようとお考えの方、耐震だけでは不安な方は、制震をとりいえてみてはいかがでしょうか。
鶴ヶ島市のアースシグナルでは、耐震等を含めた住宅の相談を賜っております。
無料の耐震診断も行っておりますので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。