今まで、電気は電力会社から買うということが普通でしたが、太陽光発電システムが作られてからは、太陽光で自家発電し、自宅で使用したり、余った電力は売電することができるようになりました。
この2つの太陽光発電のメリットはよくご存知かと思いますが、太陽光発電には他のメリットがあります。ここでは、太陽光発電のメリットについてご紹介します。

電気料金の支出を大幅にカットできる

お住まいや会社などで発電することができるので、電気料金を節約することができます
太陽光発電といえば、電気料金の支出を抑えることができることは、多くの人が知る最大のメリットではないでしょうか。

余った電力を売電するができる

太陽光発電を導入する際に、売電を目的とされる方も多いです。これを最大のメリットとお考えの方も多いと思います。
余った電力は電気会社が固定買い取り制度に基づき買い取ってくれます。
年々、買い取り金額が下がっているので、太陽光発電のメリットを多く感じたい方は早めに導入することをおすすめします。10KW以上の全量買取に関しては、発電した電気を全て売電します。

非常時・緊急時の電力源になる

停電や自然災害に見舞われるなど、いつ非常事態に陥るかわかりません。非常用具などを用意していても、チェックを怠れば使い物にならないこともあると思います。
そうした時に電力源として利用することができます。携帯の充電や、炊飯器でご飯をたくこともできます。

メンテナンスが少ない

ソーラーパネル、パワーコンディショナーなど、さまざまな機器を必要とする
太陽光発電ですが、経年劣化が少ないため、頻繁にメンテナンスをしなくてすみます。メンテナンスが不要なわけではございません。

国や地方自治体から補助制度がある

国や多くの地方自治体で補助制度などがあります。補助金を出している場合もあります。利用しない手はないので、一度、自治体にお問い合わせ下さい。
また、自然災害時の補償・停電時の補償・補償期間の延長など、オプションではありますが、こうしたサービスがあります。

地球環境にやさしい

石油、石炭、天然ガス化石燃料と違い、太陽光発電は発電するときに大気汚染物質となる硫黄酸化物などの有害物質を排出することはありません。また、使用されている部品や機器などのリサイクルが可能です。

節電に対する意識が高まる

いくら電気を発電したところで、利用がかわらなければ、実質的な電気代はかかりっぱなしです。しかし、太陽光発電を導入することで、節電を意識するようになると、さらなる電気料金の支払いが少なくなり、さらなる節電へとつながります。

そのほかの太陽光発電のメリットは、導入に当たる制約が少ないこと、会社の場合はイメージアップに繋がることなどがあります。

太陽光発電にはメリットがある一方で、多額の費用がかかってしまうことや、天気によって発電量が左右されてしまうなどといったデメリットもあります。
しかし、メリットがデメリットを上回るのであれば、前向きに導入を検討されることをお薦めいたします。

太陽光発電のメリットを詳しく知りたいと思われる方は、
アースシグナル株式会社までお気軽にお問い合わせください。