太陽光発電で一番目立つのは、ソーラーパネル(太陽電池)です。屋根に取り付けるので、どこのお宅が太陽光発電を導入しているのか一目瞭然だと思います。

太陽光発電のタイプには屋根一体型と屋根置き型があります。
この二つにどのような違いがあるのでしょうか。
ここでは、太陽光発電の屋根一体型と屋根置き型の特徴や、それぞれのメリット・デメリットついてご説明します。

 

屋根置き型と屋根一体型とは

・屋根置き型
屋根置き型は一般的に既存の屋根に架台を取付し、太陽光パネルを設置する工法になります。通常よく見かける工法です。
・屋根一体型
屋根一体型は一般住宅の新築の際に、屋根材の変わりに太陽光パネルを取付する工法になります。

屋根置き型のメリットとデメリット

屋根置き型は、メーカーが多く取り扱っているため、種類が多く、お住まいに合った最適な太陽光発電を導入できます。
ソーラーパネルは、高温になると発電効率がさがってしまいます。しかし、屋根と架台の間に空間があるので熱がこもらずに逃げます。そのため、夏に屋根が暑くなっても発電効率の低下を抑えることができます。

点検がしやすく、もし、故障しても取り外しできるのでメンテナンスが容易です。また、ソーラーパネルは経年劣化が少ないためか、買い取ってもらうこともでき、リユースされます。

デメリットとしては、瓦屋根もストレート屋根も屋根に穴をあけて、架台を取り付けます。その際、充填剤で穴を埋めますが、劣化すると雨漏りの原因になります。そのほか、屋根の美観を損ねるなどがあります。
※当社では屋根に穴を空けないキャッチ工法も取り扱っております。
詳しくは、お気軽にお問合せ下さいませ。

屋根一体型のメリットとデメリット

太陽光発電の屋根一体型は、通常の屋根置き方とは違い、屋根がすっきりと美しく見えます。
屋根に架台を取り付けるなどの工事が不要なので、屋根をいためずにすみ、それによる雨漏りも心配はありません。屋根置き型ですと、屋根がつくられた上に設置しますが、太陽光発電の屋根一体型は、屋根に太陽電池セルをはめ込んでつくります。その分、屋根に使うコストを減らすことができます。

デメリットは、架台が不要なので屋根置き型のようにソーラーパネルの間に空間がありません。特に夏場は、熱が逃げずにこもってしまい、発電効率が落ちます。配線経路が多いので、屋根置き型のように簡単にとりはずして、メンテンナスすることが難しくなります。

家を買うのは決して安くない買い物です。デザインやおしゃれさが良いのであれば、太陽光発電は屋根一体型に、発電効率や売電、買取りなどを優先的に考えるのであれば、屋根置き型を選んでみてはいかがでしょうか。

太陽光発電の屋根一体型、屋根置き型に関するご相談等はお気軽にお問い合わせください。