太陽エネルギーは農作物や木々など大地を育むほか、体の支柱となる骨は紫外線によりビタミンDを生成し、骨を強く丈夫にするなど、地球に住む私たちに様々な恩恵をもたらしています。
日々燦々と降り注ぐ太陽エネルギーを利用して発電することができる太陽光発電は、みなさんに生活にだいぶ浸透してきたのではないでしょうか。
今回は、太陽エネルギーについてお話します。

太陽エネルギーとは

太陽エネルギーは、太陽光が地球の地表に到達するまでのエネルギーのことを指します。
少し古い記事になりますが、サハラ砂漠で世界の2%の電力需要の高効率太陽光発電を開発したことが話題になりました。

サハラ砂漠で世界の2%の電力需要の高効率太陽光発電
http://www.sankei.com/wired/news/130502/wir1305020003-n1.html

地球に降り注ぐ太陽エネルギーは膨大で、それをすべて利用できるとしたら、世界の年間エネルギーを数時間、一人の年間電力量を数分でまかなえるほどだそうです。

太陽ネルギーを利用した太陽光発電は、世界で注目されている再生エネルギーです。

太陽エネルギーの特徴

太陽エネルギーは、枯渇することなく半永久的に地上に降り注ぎます。
そして、場所を選ばずにどこででも利用することができるのが、太陽エネルギーの最大の特徴ではないでしょうか。
太陽エネルギーは、石油、石炭、天然ガス化石燃料と違い、発電するときに大気汚染物質となる硫黄酸化物などの有害物質を排出することはありません。
太陽エネルギーの利用は、化石燃料にくらべると地球に悪影響を及ぼすことがほとんどないので地球にやさしいといえます。
石油や石炭などの化石燃料は、採掘し、そこから運搬するなどエネルギーにかえるまでに時間とコストがかかりますが、太陽エネルギーを利用した太陽光発電は、家庭でも導入することができます。コストも少なく化石燃料にくらべて安価です。

太陽エネルギーをもっと身近に

2011年3月11日発生した東北大震災で、津波により影響をうけた原発が停止し、電力不足に陥ったことから今まで以上に太陽エネルギーを利用した太陽光発電が注目されるようになりました。
国の新制度の後押しもあって日本での太陽光発電の導入はトップクラスです。

現在、太陽エネルギーを利用した太陽光発電は、家庭や工場などに設置するのが主流です。野外や非常用に最適なソーラーポッド(ソーラーパネルと蓄電池が一体となっている)や携帯できるソーラーパネルなどが開発されておいて、手ごろな値段で太陽エネルギーの恩恵をうけることができます。

より弱い光源でエネルギーを生成するための研究がすすめられています。
http://www.gizmodo.jp/2011/04/post_8771.html

持ち運びできるソーラーパネルと蓄電池は、弊社で取り扱いしております。
http://earth-signal.jp/solarpod/

これから先、今よりも当たり前にさまざまな形態で太陽エネルギーを利用する時代が訪れると思います。
自然環境や地球に配慮した太陽エネルギーを生活の一部に加えてみてはいかがでしょうか。

アースシグナルでは太陽光発電、野外などで非常事態に利用できる携帯型のソーラーポッドを取り扱っております。

一般利用者向けソーラーポッドのご紹介
http://earth-signal.jp/solarpod/

太陽エネルギーに関するご相談等はお気軽にお問い合わせください。