地震から家を守る方法として、耐震は馴染みのある言葉かと思いますが、その他に、免震と制震があります。
耐震はある程度理解していても免震や制震(制振)は、よくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、免震と耐震についてご説明します。 制震(制振)については、また、別の機会にご説明します。

耐震のメリット・デメリット

まずは、耐震からご説明します。
耐震は、建物の壁や柱などをしっかりと固めて強度をあげ、地震の揺れに耐え、家の倒壊を防ぎます。

●メリット
・家屋や建物の倒壊を防ぐ
・台風などの強風にも耐える
・地下室の設置や耐震工事・耐震リフォームを行う場合の、土地に対する制約がない

●デメリット
・地震の揺れと反発するため、家財道具が倒れる可能性がある
・陶器やガラス製品などが落下する可能性がある
・地震の揺れや大きさにもよるが、地震の度に家に損傷が出る可能性がある
・二階、三階になるにつれ、揺れを強く感じる

・費用
耐震工事は、工事の内容や場所により料金が異なります。
数十万の価格で出来ることもあれば、100万円を超えることもあります。

免震のメリットとデメリット

続いて、免震についてご説明します。
免震は耐震とは違い、建物を頑丈にするのでなく、建物と地面の間にゴムやボールベアリングなどの免震装置を設置し、建物を地面から絶縁することで、地震などで起こる振動を伝わりにくくします。

●メリット
・家具が転倒、陶器やガラス製品が落下を防ぐ
・地盤と建物の間に免震装置を設置するので、地震で起こる家の損傷を避けることができる

●デメリット
・地盤が軟弱で液状化してしまうような土地には適さない
・地下室を設けることは難しい
・台風などで起こる強風で揺れを感じることがある
・免震装置の定期的なメンテナンスが必要となる

・費用
免震にかかる費用は耐震とは違い、300万前後から500万円前後かかります。

免震工事は、耐震工事に比較するとまだ新しいといえる工法で、施行できる業者が多くありません。免震工事を検討する際は、業者の実績などをきちんと鑑みてお選びください。

アースシグナルでは、耐震改修や耐震リフォームを行っております。
耐震診断も無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。