竜巻や猛烈な雨、季節外れの雹など自然災害による被害は、郊外だけにとどまらず、都心でも頻繁に起こるようになりました。
先日、南海トラフの海底プレートが6センチも沈み込んでいるというニュースを読みました。海と陸のプレートの堺の固着が強いと陸のプレートが引きずりこまれる際に、地震を起こすエネルギーを蓄積します。
南海トラフの大地震が現実をおびているように思われます。
南海トラフ地震の予想震度の最大震7。関東でも震度5と予想されています。

ハザードラボ 南海トラフ震源域 海底プレート年6センチ移動 海保
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/0/10719.html

耐震リフォームに興味はありつつも、まだ耐震診断等を行っていない方は、耐震診断を受けて、状況に応じて耐震リフォームをすることをおすすめいたします。

耐震リフォームの必要性

東日本大震災で倒壊しなかったので、我が家は丈夫につくられているから問題ない!と思わないでください。
度重なる地震や自然災害等の影響をうけて、倒壊・損壊する可能性が高くなっているかもしれません。
倒壊すると、ご家族だけでなく近隣にお住まいの方にも迷惑をかけてしまう可能性があります。耐震診断を行い、必要に応じた耐震リフォームを行いましょう。

地方自治体によっては、自治体が無料で耐震診断を行っているところもあります。埼玉県の木造住宅の無料耐震診断のご案内については、下記URLにアクセスください。

埼玉県 木造住宅の無料耐震診断のご案内
https://www.pref.saitama.lg.jp/a1106/muryoushindan.html

納得のいくまで説明をうける

耐震診断を受けるとプロなので安心してしまい、耐震リフォームをする箇所は業者にすべておまかせする、というのは得策とはいえません。
中には、しなくても良い耐震リフォームをするなどの悪徳業者もいます。
耐震診断の結果をうけて、耐震リフォーム箇所について詳細に説明してもらいましょう。わからないことについては、納得行くまで質問し、説明してもらうことで、必要な耐震リフォームを適切に行うことができます。

お住まいの築年数がわからない、設計図がない場合でもアースシグナルでは、耐震診断を無料で行います。
耐震リフォームについてお客様の納得行くまで丁寧に説明させていただくことでお住まいに合った必要な耐震リフォームを行います。
まずは、アースシグナルにお気軽にお問い合わせください。