太陽光発電やソーラーパネルは、普及が進み、太陽光から発電し電気を生み出すことを理解されている方が老若男女問わず多いと思います。
しかし、太陽光をどのようにして電気に変えるのかご存知の方は少ないのではないでしょうか?
ここでは、太陽光発電の仕組みについてご説明します。

太陽光発電の仕組み(1)太陽電池で電気をつくる

太陽光発電の仕組みで一番理解されているのが太陽電池(ソーラーパネル)ではないでしょうか?
太陽光発電の仕組みは、まず、太陽電池(ソーラーパネル)で、直流電気をつくります。
現在、多く使われているのは、シリコンでつくられた太陽電池です。違う性質の半導体を接合した造りになっています。
太陽の光をうけると半導体の内部で電子(−)、正子(+)が発生し、電気がつくられます。半導体の裏・表面に電球を接続すると電気が流れて灯りがともります。
太陽電池は、メーカーや種類によって、発電効率等に違いがあります。

太陽光発電の仕組み(2)できた電気(直流)は接続箱へ

太陽電池でつくられた電気エネルギーは、太陽電池モジュールの配線をとおし、まとめて接続箱に集められます。ここからパワーコンディショナーに運ばれます。
接続箱には、ブレーカーのようなものがついており、電流の確認をしたり、太陽発電システムのメンテナンスをするときに使用します。

最近、猛烈な雨や竜巻、雷など大気が不安定なることも増えました。
ですがご安心下さい。接続箱には、落雷による太陽光発電システムの故障を防ぐ機能のほか、逆流を防いだり、一度に膨大な電流が流れ込まないようにするなどの機能も組み込まれています。
接続箱とパワーコンディショナーが一体になっているものもあります。

太陽光発電の仕組み(3)家庭で使える交流電気に変換する

パワーコンディショナーは、太陽電池で作られた直流電気を家庭で利用できるよう交流電気に変換します。いわば、インバーターのようなものです。
太陽光発電の仕組みの中で、パワーコンディショナーは、最重要とも言われています。

変換効率が悪いと太陽電池でつくられた直流電気を無駄にしてしまいます。太陽電池だけでなく、パワーコンディショナーの変換効率も太陽光発電システムを導入する際に、重要なポイントといえるでしょう。

太陽光発電の仕組み(4)分電盤で各部屋へ

太陽光発電の仕組みの中で最重要とも言われる、パワーコンディショナーで変換された電気は、分電盤でそれぞれの部屋に電気が送られ、利用することができます。

太陽光発電の仕組みをよく理解することで、お住まいにあった最適な太陽光発電システムを導入することができます。
アースシグナルでは、太陽光発電の仕組みなど、太陽光発電に関することになんでもお答えいたしますので、ぜひ、お気軽にアースシグナルまでお問い合わせください。