太陽光発電のお住まいに導入されること考えたとき、太陽光発電を導入したところで損をしないだろうか?元はとれるのか?といった費用対効果が気になるところかと思います。
今回は、太陽光発電を導入した際の費用対効果についてご説明します。

太陽光発電の費用対効果はメーカーによって大きくかわる

太陽光発電システムの発電量や発電効率は、お住まいの日照量、屋根の勾配、地域などの環境条件等でもかわりますが、製品によっても大きくかわります。
そのため、何年で初期費用を回収することができるかどうかについては、約8年で回収できるものもあれば、10年以上でかかるものもあります。

初期費用の回収に10年以上かかると聞くと、費用対効果が期待できないと思われるかもしれませんが、太陽光発電の寿命については、経年劣化はありますが、20年以上で、50年近いものもあります。
太陽光発電システム導入にあたり、助成金や補助制度を実施している自治体もあります。
太陽光発電で費用対効果を考えるのであれば、メーカーの製品を調べる、お住まいの自治体が太陽光発電導入について行っている制度を確認することをおすすめします。

太陽光発電システムの見積りを!

太陽光発電は、それぞれのメーカーによって太陽電池など太陽光発電にかかる機器の性能が異なること、太陽電池の取り付け方や屋根に載せることができる太陽電池の量がお住まいによってかわるため、太陽光発電にかかる料金がホームページでの公開やパンフレットに明記出来ないことがあります。

設置費用や発電量などに関しましては、発電シミュレーションだけではなく、実際に見積りをとって担当者と直接打ち合わせすることをお奨めしております。

太陽光発電を導入するということ

太陽光発電の費用帯効果については、初期費用の回収についてだけで考えてしまうのは、いささかもったいないようにも思います。
最近では、エコカーの蓄電池に発電したエネルギーを蓄え、夜、蓄えたエネルギーを使うことで電気代を節約可能です。

私たちの暮らしは、電気に依存しています。原発の再稼働が進められていますが、太陽光発電を導入すれば、原発に依存した社会から抜け出せる可能性があります。
太陽光発電を導入することでの効果は、費用対効果だけではなくCo2削減など色々な相乗効果も生まれます。

アースシグナルでは太陽光発電に関するあらゆるご相談をお受けしております。一般住宅、非住宅、メガソーラーをご検討のお客様は、埼玉県鶴ヶ島市のアースシグナルへお気軽にお問い合わせ下さい。