地球温暖化

地球の地表付近の気温が上昇して行く現象を「地球温暖化」と呼び、二酸化炭素・メタン・フロンなど空気中の温室効果ガス濃度が増えることが原因と考えられています。

18世紀後半頃から、産業の発展に伴い人類は石炭や石油などを大量に消費するようになり、大気中の二酸化炭素の量は200年前と比べ35%程増加しました。これからも人類が同じような活動を続けるとすれば、21世紀末には二酸化炭素濃度は現在の2倍以上になり、この結果、地球の平均気温は今より上昇すると予測されています。

予測によると2100年の平均気温は、温室効果ガスの排出量が最も少ない場合には平均1.8度(予測の幅は1.1~2.9度)、最も多い場合には4.0度(予測の幅は2.4~6.4度)とされています。

地球温暖化メカニズム

地球は、太陽からのエネルギーで暖められ、暖められた地球からも熱が反射されます。
大気に含まれる二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスは、この熱の一部を吸収し、再び地表に戻しています。
そのお陰で、地球の平均気温は15℃と、人間をはじめ生物が生きるのに適した環境が保たれているのです。
本来、温室効果ガスは無くてはならないもの。しかし、温室効果ガスが増え続けることに伴って、地球温暖化は進みます。

気温が高くなると…

  • 高温や干ばつによって農業の生産性の低下
  • 雨が減って水不足が深刻化する地域が増える
  • 逆に大雨による洪水の危険性が高まる
  • 熱波による健康被害が増える
  • 熱帯伝染病の危険にさらされる地域が広がる
  • 生態系が破壊され絶滅する生物種が増える

など、様々な影響が出ると予測されています。

京都会議

こうした様々な問題を解決する為、1997年12月11日、京都市で「第3回気候変動枠組条約締約国会議(COP3)」が開かれました。
この会議の中で議決した議定書のことを、「京都議定書」と言います。
議定書には、温室効果ガス排出量の削減目標を、1990年を基準年として国別に削減目標数値を定め、世界が協力して約束期間内に目標を達成することが定められました。

気候変動枠組条約・京都議定書についての詳細
環境省

わたしたちにできること

私たち一人一人が、地球温暖化問題について何が出来るでしょう。
例えばレジ袋を使わない、エアコンの設定温度を控える、水や電気を無駄にしないなど、生活の中には、今すぐにでも始められることがたくさんあります。
また、太陽光発電(ソーラーパネル)、オール電化、省エネ家電、エコカーなどを取り入れて、生活自体を、地球に優しいエコライフに切り替えて行くことが重要です。